2010年05月19日

モラトリアムの成果発表・・・

モラトリアム(中小企業金融円滑化法)で定められた、返済条件の緩和実績を大手銀行が発表しました。

期間は、昨年12月の施行から本年3月末まで4ヶ月弱の期間ですが、施行当初は対応が遅れていましたから、実質的には3ヶ月間の結果ということになるでしょう。


三菱東京UFJ銀行,みずほ銀行,三井住友銀行,りそな銀行の大手4行で、申込み件数は72,000件(対象債権額約3兆3000億円)。

申込みのうち、条件変更に応じた(返済猶予)件数が47,000件(対象債権額約2兆5000億円)であり、条件変更を断った件数が1400件となっています。

残りの23,600件は、審査継続中ということになります。


条件変更の申込みの多さにも驚きますが、条件変更に応じた割合にはもっと驚いてしまいます。

条件変更対応の成否が出た48,400件を対象に考えれば、条件変更成功率は97.1%という高い割合です。

残りの3%弱については、特殊な要因があったでしょうし、ある意味誤差になるような数字ですから、条件変更を申し込めば、ほとんどが成功していると考えていいのでしょう。


ただ、問題は審査継続中件数の多さです。

普通、条件変更については、2〜3週間で金融機関の答えが出てくるものですが、申込み件数のうち32.8%の答えが出ずに審査が続いているということになっています。

約1か月分の申込みが宙に浮いたままになっているわけですから、資金繰り追われる債務者の立場を考えると、もっと審査を迅速に処理して欲しいものです。

この点、地方銀行の条件変更への対応は迅速なようです。

今年三月末までの条件変更申込み件数に対する条件変更に応じた件数の割合で比較すると、大手4行が65.3%なのに対して、関西の地方銀行10行のデーターによると、条件変更申込み件数が23,566件で、条件変更に応じた件数が17,337件ですから、73.6%という割合になり、地方銀行の方が迅速に対応しているということになります。

地方銀行は、大手行より地域密着の色合いが強いですから、顧客の要望を真摯に受け止めて対応をしているといことでしょう。


また、条件変更の申込みは、年度末の3月がピークだったようで、現在は申込みが減少傾向にあるということです。

緊急保証に続くモラトリアムで、中小零細企業は一息つけた状況なのでしょう。

しかし、これは財務面での話で、事業面では厳しさが増している環境です。

この返済猶予期間中に、いかに企業再生に取り組むかが問われていることを忘れないでください。

    詳しい内容は、ホームページをご覧ください,
          ↓
     シーエーエム ホームページ


    『返済猶予で企業を再生させる方法』DVDモニター募集中
          ↓          
     DVDモニター募集ホームページ


ランキングです クリックして応援してください⇒ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
posted by 浪速のコンサル at 17:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

役立つブログまとめ(ブログ意見集): 中小企業支援で100万社起業 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「中小企業支援で100万社起業」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿して..
Weblog: 役立つブログまとめ(ブログ意見集)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2010-05-22 20:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。